スケルトンリフォームを戸建てで行う場合の注意点とは?|お役立ちコラム|福岡リフォーム@REALL

営業時間:9:00~18:00(日祝定休)

092-555-8669

お問い合わせ・見積もり

お役立ちコラム

スケルトンリフォームを戸建てで行う場合の注意点とは?

傷みが目立つ住宅のリフォームの方法はいくつかあります。
その中でもここ数年人気が高い方法として、スケルトンリフォームという方法があります。
スケルトンリフォームとはどのような方法か、他の工法との違いや、費用・工事期間の目安について見ていきましょう。

スケルトンリフォームとはどのようなリフォームか

スケルトンリフォームの「スケルトン」というのは、骨組みという意味を持っています。
住宅の骨組みである基礎や構造材を残して解体し、造り直すリフォーム方法となります。
スケルトンリフォームには、外壁や屋根材なども全て解体して完全に基礎と構造材だけの状態にする「フルスケルトンリフォーム」と、内装だけ解体し外壁や屋根材はそのままにする「内装スケルトンリフォーム」の2つの方法があります。
フルスケルトンリフォームになると外装も一新し、見た目ではほとんど新築と変わりない状態のリフォームができます。
また内装スケルトンリフォームでも、構造上問題がなければ間取り変更も可能です。
間取りを一新して住みやすい住宅に替えることも可能です。

建て替えや内装フルリフォームとの違い

住宅のリフォームでは、スケルトンリフォーム以外にも建て替えや内装フルリフォームなどがあります。
これらとスケルトンリフォームの違いを解説します。

建て替え工事との違い

建て替え工事は、基礎や構造材も全て解体する方法です。
完全にゼロの状態に戻して住宅を新しく建てることになります。
建て替えをするときには建築確認申請手続きをするため、現行の建築基準法に沿った設計が必要となります。
場合によっては、接道義務により既存の住宅よりも建築面積が大幅に減ってしまう可能も。

スケルトンリフォームの場合は、増築が不要であれば建築確認申請手続きが不要なので、既存の住宅の建築面積を保った状態で家づくりができます。
また、基礎や構造材を解体しない分工事費用が減り、廃材処分費用も減ります。
そのため、建て替えに比べるとスケルトンリフォームのほうがコストは低くなるケースが多く見られます。

内装フルリフォームとの違い

内装フルリフォームは、壁紙や床材などを取り換える工事です。
そのため建物の構造材まであらわにすることはありません。
耐震補強や壁や床・天井などに隠された配管などに手を付けることも、ほとんどないです。
また断熱材の充填なども、内装フルリフォームでは施工しないことが多くなります。
構造材をあらわにしないため、間取り変更も内装フルリフォームでは行わないのが一般的です。
しかし、内装のスケルトンリフォームでは、構造上問題がなければ間取り変更も可能です。
構造の補強や傷みがある構造材の補修なども行われます。

スケルトンリフォームができない場合とは?

スケルトンリフォームを希望しても、住宅によっては希望に添えない場合もあります。
どのような場合に難しいのか、把握しておきましょう。

構造材や基礎の傷みが激しい

スケルトンリフォームは、基礎や既存の構造材を活かす工法です。
しかし、既存の基礎や構造材の傷みが激しい場合にはスケルトンリフォームでは対応できません。
補強すればどうにかなる場合でも、解体してしまったほうが費用はかからないケースがあります。
さまざまな理由で、基礎や構造材を補修・補強してスケルトンリフォームを強行するケースもありますが、構造材や基礎の傷みが激しい場合はスケルトンリフォームではなく建て替えを検討する必要が出てきます。

2×4工法で建てられた住宅

スケルトンリフォームが可能な住宅は、柱や梁・筋交いなどで建物を支えている「木造軸組立工法」と呼ばれる住宅がほとんどです。
壁や床を取り除くことが可能で、場合によって柱や梁の位置も変更できます。

一方で、壁や床が建物を支える構造となっている2×4工法やプレハブ工法で建てられた戸建ては、壁や床を取り除けません。
そのためスケルトンリフォームはできません。

型式適合認定住宅

ハウスメーカーが施工した住宅の中には、建築確認や審査が簡略化できる「型式適合認定住宅」と呼ばれる建物があります。
これらの住宅は、建物を建てる前に建築基準に適合していると認定されていることで、個々の建築確認や検査が簡略化されています。
その分、建て替え時には新たに建築確認や検査の審査が必要となりますので、スケルトンリフォームのメリットを感じられないことがあります。

工事費用と工事期間の目安

実際にスケルトンリフォームを実施するときには、どのくらいの費用や工事期間が必要なのでしょうか。
それぞれの目安をまとめました。

30坪の住宅では1350~2500万円が目安

スケルトンリフォームといっても、その規模や内容、基礎や構造材の傷み具合によって費用は大きく変わります。
ですが、一般的には30坪の住宅のフルスケルトンリフォームなら1350~2500万円が目安となってきます。
築年数が経過しているほど耐震補強が必要になる割合が高まるため、費用は高くなりやすく、内装のみのスケルトン工事の場合は1000万円以下でも施工が可能な場合もあります。

工事期間はおおよそ4カ月~8カ月

現地調査から考えると、工事期間はおおよそ4カ月程度と見ておきましょう。
調査の結果によって基礎や構造材に大幅な補修が必要と分かった場合、工事期間が長引くことになります。
その場合は、8カ月くらい見ておくと安心です。

まとめ

スケルトンリフォームは、基礎や構造材を残して解体し、リフォームを行うものです。
簡易なリフォームとは違い大掛かりなものになりますので、プロの意見・アドバイスを受けて検討をしましょう。
住宅がスケルトンリフォームに向いているのか、間取り変更は可能なのか、事前確認をしてから進めることが大切です。
満足度が高いリフォームにするためにも、知識豊富なリフォーム専門会社に依頼しましょう。

福岡リフォーム@REALLの
対応エリア

福岡市・春日市を中心に、福岡県内対応可能!
見積もり・現地調査無料でご訪問いたします。

重点対応エリア
福岡市南区・福岡市博多区・春日市を重点的に対応中です。

お見積もり・お問い合わせはお気軽にご相談ください。