洗面台の交換をするには?ポイントや費用相場を知ろう|福岡リフォーム@REALL

営業時間:9:00~18:00(日祝定休)

092-555-8669

お問い合わせ・見積もり

お役立ちコラム

洗面台の交換をするには?ポイントや費用相場を知ろう

身だしなみを整える洗面台も、使い続ければ傷みが出たり汚れたりして、交換する必要が出てきます。
ですが、洗面台を交換するときどのくらいの費用が必要になるのかは、普段あまり考えませんよね。
いざ交換が必要になったときに慌てないためにも、交換費用の目安を知っておきましょう。

洗面台の耐用年数と交換目安

洗面台は、どのようなタイミングで交換が必要となるのでしょうか。
耐用年数と交換の目安について、考えていきましょう。

耐用年数は約20年

一般的に住宅の水回り設備は、約10年で耐用年数を迎えはじめます。
洗面台については水回りの中では比較的長く、耐用年数は20年程度といわれています。
ですが、水栓に限れば10年くらいで水漏れが起こりやすくなるため、10年目くらいにメンテナンスを実行し、不具合がある場合には修理した方がよいとされています。

洗面ボウルがひび割れたとき

洗面台の中でもトラブルが起こりやすいのが洗面ボウルの部分です。
陶器素材が多く、ものを落としたり熱湯を流してしまったりすることで、割れやひび割れが発生することがあります。
洗面ボウルに割れやひび割れが起こると、そこから水漏れが起こる危険があるため、交換が必要です。

水漏れが発生したとき

洗面ボウルの破損以外にも、排水管からの水漏れや推薦が故障して水漏れが起こることがあります。
水漏れが起こったときには、できるだけ早めの交換が必要です。

家族構成の変化

家族構成が変わったことで、今使っている洗面台が手狭になることがあります。
手狭な洗面台は使いにくいため、交換した方がよい場合もあります。

洗面台の種類とその特徴

洗面台には色々な種類があります。
まずはその種類から、ある程交換する洗面台を絞り込んでいくとよいでしょう。

一体化したユニットタイプ

洗面台に必要な機能が一体化したタイプをユニットタイプといいます。
具体的には洗面ボウル・収納・鏡などが一体化しており、規格に沿ったパーツで組み合わされています。
統一感があり使いやすい洗面台として人気です。

パーツの組み合わせが楽しめるシステムタイプ

洗面ボウルや水栓、収納などをパーツごとに選び組み合わせていくのがシステムタイプの洗面台です。
パーツの組み合わせが楽しめ、自分好みのデザインに仕上げられます。
費用は高めになりますが、故障や破損で交換が必要になったときに不具合があるパーツのみ取り替えられます。

カスタマイズできるカウンタータイプ

洗面台の下の空間が開いており、カウンターのようになったタイプです。
椅子に座って身だしなみを整えられ、車椅子でも利用しやすい形です。
造作家具として作り付けることが多く、自分の好きなようにカスタマイズして作り上げられる洗面台です。

洗面台交換の費用目安

最も気になるのは洗面台の交換にかかる費用ですよね。
大まかな費用目安をチェックしていきましょう。

洗面台のみの交換

一般的なユニットタイプの洗面台の場合、シンプルなものであれば洗面台単体の価格が2万円程、三面鏡などの基本的な機能を備えたものであれば7万円程で購入できます。
プラスして、既存の洗面台を取り外し新しい洗面台を取り付けるための工事費用が3~5万円程度かかります。

洗面台のデザインにこだわったり、サイズが大きなもの、収納にこだわったりした場合などは洗面台自体の価格が高くなります。
またカウンタータイプは一から設計する場合もあるので、50万円を超える場合があります。

床や壁など洗面所全体のリフォーム

洗面台に不具合がある場合、洗面台のみ取り替えたいと考えることは多いでしょう。
しかしながら、交換のために取り外すとカビが生えていた、床材が傷んでいたといったケースも見られます。
その場合は、床や壁を含めたリフォームが必要になります。
当初は洗面台の交換だけと考えていても、床や壁の補修が必要になることは多くあります。
壁紙と床材を含めシンプルなユニットタイプの洗面台のリフォームであれば20万円以内、一般的には20~50万円程度の費用を見込むと安心です。

洗面台選びのポイント

費用はなるべくかけたくないと思っても、使いにくい洗面台になっては困りますよね。
洗面台選びのポイントについても把握しておきましょう。

水栓のタイプ

水栓は大きく分けると「蛇口のみ」「シャワー付き」「自動水洗」の3タイプがあります。
さらに、水だけが出るタイプと給湯設備が備わっている混合水栓があります。
人気が高いのはシャワーが引き出せるタイプの水栓で「コンビネーション」と呼ばれているものです。
また感染症対策として自動水洗タイプの水栓も人気が高まっています。

洗面ボウルの素材

一般的には陶器製の洗面ボウルが多くなっていますが、人工大理石やホーローなども人気です。
陶器製の洗面ボウルは割れやひび割れの心配がありますが、傷つきにくくお手入れが楽です。
人工大理石は、やや安っぽく見えることがありますが、価格が安くお手入れも楽です。
ホーローは長く使え、割れも起こりにくい素材ですが、コーティングが剥げてしまうとサビが発生する心配があります。

洗面台の広さや高さ

洗面台は低すぎると水はねが増え、高すぎると使いにくくなります。
そのため、高さにはこだわる必要があります。
また、子どもが小さく横並びで洗面台を使いたいといった場合には、狭いと不便です。
家族構成や使う人に合わせて広さや高さを選ぶ必要があります。

収納タイプ

家族が多ければ、洗面台回りで使用するものが増えるため、より多くの収納が必要となります。
また「お風呂で使用するものや着替えなども収納したい」といった希望がある場合は、どのくらいの量を収納したいかを考えて選びましょう。

まとめ

ユニットタイプの洗面台は、ホームセンターでも販売されているため、DIYで交換すること自体は可能です。
しかし、自宅の洗面所にピッタリのものを選ぶのは難しいでしょう。
また交換した古い洗面台の処分にも困ってしまいます。
その点リフォーム会社に依頼すれば、洗面台選びのアドバイスがもらえ、古い洗面台も処分してもらえます。
洗面台の交換は、実績が豊富なリフォーム会社に相談しましょう。

福岡リフォーム@REALLの
対応エリア

福岡市・春日市を中心に、福岡県内対応可能!
見積もり・現地調査無料でご訪問いたします。

重点対応エリア
福岡市南区・福岡市博多区・春日市を重点的に対応中です。

お見積もり・お問い合わせはお気軽にご相談ください。