システムキッチンとはどんなもの?種類や選び方を解説|福岡リフォーム@REALL

営業時間:9:00~18:00(日祝定休)

092-555-8669

お問い合わせ・見積もり

お役立ちコラム

システムキッチンとはどんなもの?種類や選び方を解説

日々使うキッチンですが、いざ選ぶとなるとどのように選べばよいのか迷いますよね。
使いやすいキッチンにするには、自分に合ったキッチンを選ぶポイントを知ることが大切です。
今回は、人気が高いシステムキッチンについて、特徴やメリット・デメリットを紹介します。キッチン選びのポイントについてもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

システムキッチンとは?

システムキッチンはシンク、調理台、コンロなどが一体化しているキッチンのこと。
一体化することで継ぎ目がなく、ゴミや埃が隙間に入りにくいという特徴があります。
統一感もあるので、おしゃれなイメージを演出することもできます。

5タイプあるシステムキッチンの特徴とメリット・デメリット

一般的にシステムキッチンは5つのタイプがあり、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。
それぞれのタイプについて、見ていきましょう。

空間を広く使いたいならI型

シンクから調理台、コンロまでが横一列に並んだタイプで、壁際に取り付けられることが多いのがI型です。壁に取り付けるために空間は広く使えます。
ただ、調理中は背後が見えません。
家族とのコミュニケーションが図りにくい、横に長いため作業中の横移動が増える点などがデメリットです。

調理スペースが大きく取れるL型

コーナーを活かしてL字型に設備を配置するタイプで、広い調理スペースが確保できます。
片側だけ壁に寄せ、もう片方は対面型として配置することもできます。
I型に比べ調理中の移動距離が短く、効率よく作業できます。
ただし設置には広い空間が必要で、システムキッチン以外の食器棚などの配置がやや難しいといったデメリットがあります。
また、コーナー部分にデッドスペースが生まれやすくなります。

ダイニングに生活感が出にくいU型

U型は独立型のキッチンといえます。
キッチンをU字型に配置することで、キッチン内部の様子がダイニングから見えにくくなり、生活感が出にくいのが特徴です。
調理に必要なものがすぐ近くに揃うため、調理中の移動が楽です。
一方、コーナーが2つ生まれるためデッドスペースが生まれやすく、囲われる配置となるため調理を複数人ですると動きにくくなってしまいます。
キッチンの配置のために広い空間が必要になる点は大きなデメリットでしょう。

開放感があるアイランド型

子育て世帯を中心に人気が高いのが、家族とのコミュニケーションを図りやすいアイランド型です。
キッチンの四方が壁から離れていて、島のような状態であることから、アイランド型と呼ばれています。
開放感があり、複数人で調理できる十分なスペースがあります。
一方で調理中のにおいなどが部屋に充満しやすく、キッチンが汚れていると部屋全体のイメージが悪くなるなど常に清潔感が求められます。
ある程度広いリビングダイニングでなければ、部屋全体に占めるキッチンの割合が大きすぎ、圧迫感が出てきます。

配置しやすいペニンシュラ型

アイランド型キッチンの片面だけ壁に寄せたタイプをペニンシュラ型といいます。
アイランド型に比べると一方だけしか出入りができませんが、レイアウトはしやすいキッチンです。
またアイランド型と同様に開放感があり、複数人での調理に向いています。
デメリットは調理中のにおいの問題や、清潔感が求められるなど、アイランド型とほぼ同様です。
また収納力が少ないものが多くみられます。

使いやすいシステムキッチン選びのポイント

システムキッチンの種類を選んだら、今度は使いやすいキッチンにするためのポイントも押さえておく必要があります。

高さや奥行が自分にあっているか

キッチンでは、調理・盛りつけ・食器洗いなど、たくさんの作業があります。
作業スペースの高さが自分に合っていると作業しやすいのですが、高さが低すぎると腰が痛くなりやすく、高すぎると作業しにくくなります。
一般的には身長÷2+5cmが適切な高さといわれています。
身長160cmの方なら85cmが適切です。
日本では80cm、85cm、90cmから選べることが多くなっています。
また広い調理スペースは使いやすいですが、広すぎると奥の方のものが取れない、部屋が狭くなるといったデメリットが出てきます。
何人分の食事を支度することが主なのかによっても、必要となる調理スペースの広さは変わります。家族構成に合わせて考えましょう。

ワークトップの材質の使いやすさ

調理スペースの表面のことをワークトップといいます。
一般的にはステンレスや人造大理石が使われることが多くなります。
ステンレスは掃除しやすく耐食性や耐熱性に優れますが、傷がつきやすくサビが出る心配があります。
人造大理石はインテリアとの調和性に優れ、傷が目立ちにくいといった特徴がありますが、衝撃に弱く熱い鍋が置けないといった弱点があります。

必要な収納力があるか

キッチンは調理器具以外にもさまざまなものを収納する必要があります。
必要なものがしっかりとしまえるだけの収納力があるかは、キッチン選びで非常に重要な部分です。

動線がスムーズか

効率よく調理を進めるためには、動きやすさも重要です。
また複数人で並んで調理をしたいときに、作業スペースが狭いキッチンだと動きにくくなってしまいます。
スムーズに動ける動線か、一緒に調理する人数は何人くらいなのかを考えて選びましょう。

まとめ

システムキッチンを選ぶポイントは数多くあります。
どれも1人で考え始めるとなかなか決められないかもしれませんね。
このようなときにはシステムキッチンの施工経験が豊富なリフォーム会社に相談すれば、適切なシステムキッチンの種類や高さ、奥行などをアドバイスしてもらえます。
使いやすいキッチンにして、楽しく快適な調理時間が過ごしましょう。

福岡リフォーム@REALLの
対応エリア

福岡市・春日市を中心に、福岡県内対応可能!
見積もり・現地調査無料でご訪問いたします。

重点対応エリア
福岡市南区・福岡市博多区・春日市を重点的に対応中です。

お見積もり・お問い合わせはお気軽にご相談ください。