ウレタン塗装とはどんなもの?特徴やメリットを解説|福岡リフォーム@REALL

営業時間:9:00~18:00(日祝定休)

092-555-8669

お問い合わせ・見積もり

お役立ちコラム

ウレタン塗装とはどんなもの?特徴やメリットを解説

塗り替えやメンテナンスなどで使われる塗料は種類が多く、範囲が広いほど費用も高くなるため、各塗料の特徴は知っておきたいですよね。
そこで今回は、塗料の中でも利用率の高いウレタン塗装について詳しく紹介します。
外壁や屋根塗装に利用すると、どんなメリットやデメリットがあるのか知りたい人は、ぜひチェックしてください。

ウレタン塗装の特徴は?

ウレタン塗装とは、主成分に樹脂(ポリウレタン)を配合した塗料を、外壁や屋根などに塗装することをいいます。
成分が樹脂のため、柔らかさと密着性が高く、昔から「外壁塗装といえばウレタン塗装」と選ばれてきました。

ウレタン塗装は、大きく分けると「水性・油性」の2種類あります。

種類 特徴
水性ウレタン塗装 ・原液を水で薄めて使うタイプ

・油性に比べて費用が安い

・ツンとした臭いが少ない

油性ウレタン塗装 ・シンナーなどの溶剤で薄めて使うタイプ

・水性に比べて耐久性が高い

・水性より光沢感が強い

最近は、ワンランク上の機能を持つ「シリコン塗装」を選ぶ人も増えていますが、費用の安さから、ウレタン塗装はまだまだ人気の高い塗装の種類です。

ウレタン塗装を選ぶメリット

昨今、ウレタン塗装より優れた塗料も開発されていますが、ウレタン塗装を外壁や屋根塗装に選ぶメリットはたくさんあります。

塗料の種類がとにかく豊富

ウレタン塗装は利用率が高いことから、塗料の種類が豊富です。
カラーだけでも選ぶのに迷うほどさまざまな種類があるので、外壁や屋根の色で他の住宅との差別化を図ることができますよ。
また、メーカーによって「弾性タイプ」「遮熱タイプ」、艶あり・なしなど、機能性や見た目の異なる塗料を販売しています。
セメントモルタルや雨樋、雨戸、木製部分など、用途似合わせた塗料もあり便利です。

クラック(ひび割れ)が起こりにくい

外壁や屋根は自然の影響を受けやすいため、月日とともに塗装した部分が劣化します。
壁がひび割れるクラックも自然影響のひとつで、見つけた時は早めに塗装や修繕が必要です。
ウレタン塗料は柔らかい性質があり、乾いても硬化しにくく、クラックが起こりにくいのがメリット。
木部や鉄部など素材とも相性が良いので、さまざまな住宅塗装に向いています。

光沢感が高くリッチな仕上がりへ

ウレタン塗装は光沢感が高いため、外壁や屋根だけではなく高級家具などにも使われます。
マットな質感を好む人にはデメリットですが、外壁や屋根を塗装すると太陽光によって光り輝いて見えるので、まるで新築住宅のような仕上がりが好評です。

塗料の中で費用の安さがトップクラス

数ある塗料の中で、ウレタン塗装は費用が安いことで有名です。
外壁や屋根塗装は面積が広いほど、トータルコストが高くなります。
最近人気のシリコン塗装で比較すると、10万円以上の差が発生するケースも珍しくありません。
住宅を長持ちさせるために外壁や屋根塗装は大切ですが、費用がかかるため予算に合わせた塗料選びも重要ポイントです。

ウレタン塗装を選ぶデメリット

ウレタン塗装はメリットがたくさんあるので「選んで失敗なし!」と思う人が多いでしょう。
しかし、デメリットに感じる部分もあるので、塗装する前にチェックしておきましょう。

他の塗料に比べて耐久性が低い

耐紫外線や防藻・防カビ性の機能を持つウレタン塗装ですが、他の塗料に比べて耐久性が低いのが大きなデメリットです。
とくに、日当たりの良い住宅の場合、ウレタン塗装が変色することもあります。
光沢性が高いため汚れが自然に落ちそうですが、塗料の劣化スピードが早いので、黒ずみやシミは目立ちやすいです。

ウレタン塗装の耐用年数は?

ウレタン塗装の耐用年数は、6~8年が目安です。
もちろん、住宅環境によって、約10年間塗り替えをしない家庭もあります。
ただ、熱に弱い性質があるため、紫外線の影響や外壁に断熱材が入った住宅は、熱で塗膜が膨らみボコボコしたり剥がれたりといった症状が現れます。
劣化スピードは、業者の塗装技術や知識、ウレタン塗装の選び方で大きく変わってくるので、しっかりデメリットを提案してくれる業者を選ぶと失敗しませんよ。

外壁や屋根にウレタン塗装する費用相場は?

ウレタン塗装は数ある種類の中でも費用は安いため、需要の高い塗料です。
費用は業者や塗る場所の素材、塗料の種類によって違いますが、おおよその平均相場は「1,500円~2,500円/㎡」です。

外壁や屋根塗装は塗料の料金だけではなく、足場や洗浄、養生など作業に関わる費用も発生します。
約30坪をウレタン塗装する場合、塗料以外で約30万円のコストがかかるケースもあるので、必ず業者へ見積もりをお願いしてください。
塗装面積と予算を考えて選びましょう。

まとめ|ウレタン塗装のお悩みはプロへ相談しよう

ウレタン塗装は、カラーバリエーションの豊富さや光沢感ある仕上がりなど、さまざまなメリットがあります。
その一方で、耐久性の低さが目立つので、費用だけではなく機能性も重視して考えると失敗しませんよ。
DIYで外壁や屋根のリフォームをする人が増えていますが、高所作業なので大変危険です。
ウレタン塗装は安全安心のリフォームのプロにお任せしましょう。

福岡リフォーム@REALLの
対応エリア

福岡市・春日市を中心に、福岡県内対応可能!
見積もり・現地調査無料でご訪問いたします。

重点対応エリア
福岡市南区・福岡市博多区・春日市を重点的に対応中です。

お見積もり・お問い合わせはお気軽にご相談ください。