畳をフローリングにリフォームできる?方法や費用をチェック|福岡リフォーム@REALL

営業時間:9:00~18:00(日祝定休)

092-555-8669

お問い合わせ・見積もり

お役立ちコラム

畳をフローリングにリフォームできる?方法や費用をチェック

フローリングの部屋は、掃除の手軽さや明るい雰囲気などが魅力です。
そのため、畳からフローリングの床にリフォームする住宅も増えています。
中古物件をリノベーションする際に、畳からフローリングに変えたり、和室を子供部屋にリフォームしたり、さまざまな理由でフローリングへの変更が行われています。
畳をフローリングへリフォームすることは可能ですが、業者へ依頼するのと自分でDIYするのと、どっちがいいのか悩んでいる人も多いでしょう。
そこで今回は、畳をフローリングにするリフォーム方法や費用、注意点などについて詳しく紹介します。

リフォーム方法ごとのメリット・デメリット

和室の畳床をフローリングの床にリフォームする場合、畳を剥がす方法と、畳を剥がさない方法があります。
それぞれメリット・デメリットがあるので、着手する前に確認しておきましょう。

畳を剥がすリフォーム

古い畳を剥がすリフォームは、次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット ・本物のフローリング材を敷ける

・高さ調整が可能(バリアフリーにするなど)

・カビの発生率を抑えられる

デメリット ・畳の撤去や処分費などで費用が高くつく

・リフォーム完了まで日数がかかる

今まで使っていた畳を剥がし、フローリングへ張り替えするまで、いくつもの工程があるので時間がかかってしまいます。
しかし、木材を使った床へリフォームできるのは大きなメリットでしょう。
「素足で歩くと心地良い」と評判の無垢フローリングや、おしゃれなヘリンボーン床など、さまざまなフローリングへリフォームできますよ。

畳を剥がさないリフォーム

畳を剥がさずフローリングへリフォームすると、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット ・費用が安い

・手軽に施工できるので日数がかからない

・汚れたらすぐ張り替えできる

・メンテナンスがしやすい

デメリット ・下に残した畳が痛む

・湿気によりカビが発生しやすい

・年月とともに剥がれや汚れが目立つ

畳を剥がさないまま、フローリング調のクッションマットやウッドカーペットを敷くことで、簡単にフローリングの床へリフォームできます。
費用が抑えられ、工事が短期間で終わるのは大きなメリットです。
一方で、畳を剥がさないので湿気によりカビやすくなったり、部分的にフローリング材が剥がれてきたり(反り返る)と、デメリットもあります。

畳をフローリングにリフォームする期間はどれくらい?

リフォームする期間は、畳を剥がすか、剥がさないかで、大きく変わります。
畳を残す場合は、約1週間。
畳を残さない場合は、約2日程度です。
ただし、施工面積や追加の希望(バリアフリーにしたいなど)の有無によって、施工期間は変わります。
畳を剥がさない場合、フローリングのような質感と見た目を持つウッドカーペットを上に敷く方法もあります。
その場合、業者による事前調査とカーペットのカットの工程が発生し、時間がかかってしまう可能性があります。

畳をフローリングにする費用はどれくらい?

畳をフローリングへリフォームする費用も、畳をどうするかで変わります。
4.5畳の和室をフローリングへリフォームする費用目安として、畳を剥がす場合は、約12万円。
畳を剥がさない場合は、約5万円が相場です。
低コストでリフォームしたいなら、床材をフロアクッションにするのがおすすめ。
材質やサイズで費用は違いますが、6畳の部屋で約3万円程度と、他のリフォーム方法に比べると安く抑えられますよ。

畳をフローリングにリフォームする注意点は?

畳をフローリングにする前に、いくつか注意点があるのでチェックしておきましょう。

フローリングの種類で特徴が変わる

フローリングと言っても、種類ごとに特徴も違います。

種類 特徴
無垢フローリング ・耐久性や調湿など機能性が高い

・温かみがあり、経年変化による味わいが出る

・水や衝撃に弱くお手入れが難しい

・フローリング材の中で高価

複合フローリング ・水や衝撃に強くお手入れしやすい

・カラーや材木の種類が多い

・フローリング材が安い

・無垢材に比べて劣化スピードが遅い

・調湿など機能性がない

ウッドカーペット ・フローリング材のような肌触り

・設置や撤去が手軽にできる

・材質の種類が豊富で雰囲気に合わせられる

フロアクッション ・塩化ビニル製なのでお手入れ簡単

・ハサミで簡単に好きな形状にカットできる

・部分的にフローリングへリフォームも可能

・水に強いが熱に弱い

フローリングへリフォームする時は、予算や目的に合わせて選ぶと失敗しませんよ。

DIYは手間と時間がかかる

DIYでフローリングへリフォームすることもできますが、時間とコストを考えるとおすすめできません。
例えば、畳の上にフロアクッションを敷く場合も、正確なサイズを測り正しい手順で貼り付けしなければ、すぐ剥がれてしまいます。
また、畳を剥がしてフローリング材を敷くことも可能ですが、丸のこを使って木材をカットしたり、高さ調節のために水平を取ったりなど、微調整だけでも時間がかかってしまいます。
剥がした畳の処理にも困ってしまいますよね。
費用面も、専用機器やフローリング材などを自分で買い集めることを考えると、業者への依頼と比較してもあまり大差はありません。

まとめ|畳をフローリングにするなら専門にお任せしよう

畳をフローリングへリフォームすることで、部屋の印象をガラリと変えることができます。
さらに、フローリングのカラーや模様によっても雰囲気が変わるので、リフォーム前に見本を見ながら検討しておくと良いでしょう。
畳を剥がす場合、剥がさない場合で費用や工事期間も変わってくるので、メリット・デメリットを踏まえて検討をしてください。
DIYでは労力がかかるリフォームなので、経験豊富な専門店でプロに相談されることをおすすめします。

福岡リフォーム@REALLの
対応エリア

福岡市・春日市を中心に、福岡県内対応可能!
見積もり・現地調査無料でご訪問いたします。

重点対応エリア
福岡市南区・福岡市博多区・春日市を重点的に対応中です。

お見積もり・お問い合わせはお気軽にご相談ください。