ベランダをサンルームにするデメリットはある?メリットはない?|福岡リフォーム@REALL

営業時間:9:00~18:00(日祝定休)

092-555-8669

お問い合わせ・見積もり

お役立ちコラム

ベランダをサンルームにするデメリットはある?メリットはない?

せっかくベランダがあるのに、「ホコリや鳥の糞などで掃除が大変」や「虫が多くて洗濯物が干せない」などの懸念から、使わずに放置していませんか?
住宅によってベランダの広さは違いますが、せっかくスペースがあるのに利用しないのはもったいない!

掃除の手間や突然の雨や花粉が心配で洗濯物が干せないなどの理由で悩んでいるなら、サンルームへリフォームがおすすめです。
しかし「そもそもサンルームって何?」と思う人も多いでしょう。
今回は、サンルームの特徴やメリット・デメリットなどについて、詳しく紹介します。

ベランダをサンルームにするデメリットはある?メリットはない?

サンルームって何?

サンルームとは、屋根や壁、開口部分をガラスで覆った部屋のことです。
ベランダは開口部に窓がなく、雨や風などが直接入ってくるため、部屋といえるようなスペースではありません。

しかし、サンルームは屋根や窓がしっかり設置してあり、外部とのつながりを遮断できるため、雨風にさらされる心配はなく、部屋として有効活用できます。
そして他の部屋と違ってガラス面積が多いため、太陽の光をたっぷり感じられる、明るく開放的な空間が作れます。

ベランダをサンルームにするデメリット

「どうせベランダを使わないなら、サンルームにして有効活用した方がいいのでは?」と思う人は多いでしょう。
しかし、サンルームはメリットだけでなくデメリットもあります。

季節によって居心地が悪い

サンルームはガラス面積が大きい分、夏は直射日光により熱く、冬は断熱性が弱いため寒い環境を作ります。
部屋と違って気密性が低い分、寒暖の差が激しいのがデメリットです。
しかし、サンシェードやカーテンを取り付けて温度調整をしたりすることで、ある程度デメリットを解消できます。

お手入れが大変

ベランダをサンルームにすると、ガラスに付着した汚れが目立ちやすいので、定期的にお手入れをしなくてはいけません。
サンルームにする前から鳥の糞の被害に遭っていた場合、ガラス張りにすることで目立ってしまうこともあるでしょう。
ただ開放的なベランダと違い、サンルームは自然の影響を受けにくいため、室内に砂や花粉、汚れ、虫の侵入の被害はほとんどありません。

リフォームNGや固定資産税が増える

ベランダのサンルームは一つの部屋としてカウントするため、リフォームする際は増改築の申請が必要です。
状況によっては不要な場合もありますが、建築基準法に反する住宅は、サンルームのリフォームができません。

また、増築とみなされた場合は、固定資産税が増える可能性もあるでしょう。
どんなリフォームならOKなのかなど、素人判断では難しいため、プロのリフォーム会社へ相談することをおすすめします。

施工が大掛かりになりやすい

2階以上のベランダをサンルームにする場合、住宅の耐震性などを考えた施工が必要です。
そのため、住宅を強くするために、壁や柱などの補強工事や足場仮設の設置など、大掛かりな施工が必要でしょう。
ベランダの坪数によりますが、広いほど施工費用や施工期間が高まるので、事前見積りをしてしっかり確認してくださいね。

ベランダをサンルームにするメリット

ベランダをサンルームへリフォームするには、居心地の良さや費用面などもしっかり考える必要があります。
ただ、サンルームにすることで、デメリット以上のメリットを感じることが多いのも事実です。
デメリットだけを見ると「必要ないのでは?」と感じる人もいるかもしれませんが、サンルームにリフォームするメリットもチェックして必要性も確かめましょう。

アイデア多彩な空間

ベランダをサンルームにリフォームすることで、一つの部屋が増えます。
使い方は家庭によってさまざまですが、アイデアによって使い方はたくさんあります!

・洗濯物を干す
・子供の遊び場(隠れ家空間)
・朝食やお茶をする
・ペットの遊び場
・家庭菜園や観葉植物を育てる

リビングや廊下などに洗濯物を干すと、部屋を圧迫するだけではなく、突然の来客で困ることがたくさんあります。
サンルームを洗濯物干しスペースにすることで、居住スペースが広くなり、部屋の印象もスッキリしますよ。

また、空や庭を見ながらお茶をしたり朝食や夕食を食べたりと、いつもと違った雰囲気をあじわえるのも魅力です。

部屋が暖かくなる

ベランダをサンルームへリフォームすることで、今まで以上に部屋が暖かくなる可能性が高いです。
部屋の寒さを解消するために、窓を二重サッシにするリフォームが注目されていますが、サンルームも外と室内の間に位置するため、同じような役割を果たします。
サンルームを併設した部屋の暖房効率が良くなり、多少ですが光熱費が下がるケースもあるでしょう。

自然の影響を受けない

ベランダに洗濯物を干すと、カメムシや花粉、PM2.5など、季節特有の影響を受けます。
とくに、虫が苦手な人や花粉症を患っている人は、ベランダに洗濯物を干すことは避けているのではないでしょうか。
サンルームはガラスによって外部と遮断するため、虫はもちろん花粉などの影響を受けることがありません。

まとめ|ベランダのサンルームはデメリットだけじゃない!

ベランダをサンルームにすることで、施工による出費やこまめなお手入れが発生するなど、多少のデメリットはあります。
しかし、デメリット以上に「利便性の高い空間ができる」「快適な住まいにできる」という部分は、大きなメリットです。

ベランダをサンルームにする時は、変更後に後悔しないためにも、知識と経験豊富なリフォーム専門会社へ依頼しましょう。

福岡リフォーム@REALLの
対応エリア

福岡市・春日市を中心に、福岡県内対応可能!
見積もり・現地調査無料でご訪問いたします。

重点対応エリア
福岡市南区・福岡市博多区・春日市を重点的に対応中です。

お見積もり・お問い合わせはお気軽にご相談ください。