福岡リフォーム@REALL

営業時間:9:00~18:00(日祝定休)

092-555-8669

お問い合わせ・見積もり

お役立ちコラム

カーテンを天井付けして後悔しない?メリット・デメリットを解説!

外からの視界や眩しい太陽の光を遮るためには、カーテンは必須アイテムです。
カーテンの設置方法には窓枠の上部から吊るす一般的なやり方と、カーテンボックスや出窓の天井から吊るす2つの選択肢があります。
今回は、カーテンの天井付けについて、メリットやデメリットを中心に詳しく解説します。
カーテンの取り付け方について知りたい方は、ぜひご覧ください。

カーテンを天井付けして後悔しない?メリット・デメリットを解説!

カーテンの天井付けって何?

カーテンの天井付けというのは、その名の通りに、カーテンボックスの天井、もしくは出窓の天井にカーテンを取り付けることを指します。
カーテンを取り付けるためにはカーテンレールが必要になりますが、一般的な窓枠の上部からカーテンを吊るすのとは違います。
カーテンボックスや出窓などによる制限を受けるため、設置するためには機能性カーテンレールが必要となります。

一般的な装飾型のカーテンレールにも使用可能なものもありますが、どうしてもカーテンの開閉に支障がでる可能性が高くなります。
加えて、部屋の中の光が外部に漏れやすくなるため、はじめから機能性カーテンレールを選択することをおすすめします。

カーテンを天井付けする3つのメリット

カーテンを天井付けするメリットを3つ紹介します。

部屋をお洒落に演出できる

カーテンを天井付けすることによりカーテンレールを隠すことができるため、部屋をお洒落に魅せられます。
部屋の中に電線コードをむき出しにしているとどうしてもお洒落感を損ねてしまいますし、カーテンレールもせっかく部屋の中をキレイにしても、無機質なレールが見えてしまうと全体のバランスが悪くなってしまいます。

掃除が楽になる

カーテンを天井付けすると、カーテンレールの掃除がしやすくなります。
設置場所の関係でレールの幅が狭くなり、低い位置になることから、特に背の低い方にとっては手が届きやすくお手入れが簡単になります。
さらに、カーテンボックスなどにカーテンレールが収まっているため、ホコリも溜まりにくくなります。

コストを削減できる

カーテンを天井付けすることにより、高額な装飾型のカーテンレールを選ぶ必要がなくなる分コストを削減できます。
カーテンレールで使わなかった費用を、カーテンの購入費用に回すことで、よりお洒落な空間を演出できます。

カーテンを天井付けする2つのデメリット

カーテンを天井付けすることで生じるデメリットを2つ紹介します。

カーテン代が高くなる

カーテンを天井付けにすると、既製品のカーテンではサイズが合いにくいため、カーテン代が高くなってしまうデメリットがあります。
ジャストサイズにするにはオーダーメイド品にする必要があります。
サイズにはこだわらないという方もいると思いますが、部屋をお洒落に魅せたいならミスマッチしたサイズのカーテンにはできません。

洗濯に時間がかかる

カーテンを天井付けにすることにより、カーテンを洗濯する際にどうしても時間がかかってしまいます。
カーテンを洗濯するにはカーテンレールから取り外す必要がありますが、そのときにカーテンボックスや出窓の縁などに手が当たり取り外しにくくなります。

カーテンを天井付けする際の注意点

カーテンを天井付けする際には、カーテンレールを設置しなくてはいけませんが、そのときには注意しなければいけないことがあります。
それは、必ず下地のある部分に取り付けることです。

一般的な住宅の場合は、壁や天井に貼ってある壁紙の下には石膏ボードと呼ばれる板が設置されています。
石膏ボードを支えているのが木造住宅の場合は木材で、それがない場所にカーテンレールを取り付けると、カーテンの重さに耐えられなくなることもあります。
そうすると、レールがぐらついたり落下したりするケースも考えられます。

そのため、カーテンを天井付けする際には、必ず壁や天井の奥に下地材があることを確認しなくてはいけません。
大工さんなどは、下地がある場所を容易に探る、専用の道具を持っていますが、それがない場合は壁や天井を手や木槌などで叩いて下地がある場所を特定してください。

「素人にそんなことができるの?」と思う方もいるでしょうが、何度も叩いているうちに、その場所だけ硬い感触がしたり、音が重かったりなどに気づくことができます。
叩いてみて軽い感触がすれば、そこには下地材が入っていない証拠です。

どうしても下地の位置が分からなければ、先程記載した専用の道具である「下地探し」という道具を使いましょう。
この道具の使い方は簡単で、壁や天井に押し付けるだけで下地の有無が分かります。
具体的には、下地探しの先端についている針が途中で止まれば、その先に下地が存在していることになります。
この道具は、ホームセンターや通販などでも簡単に購入できます。

まとめ

カーテンの取り付けは素人には難しいところが多々あります。
下地を確認したり、ジャストサイズのカーテンを用意したりすることはすぐにできることではないでしょう。

そこで、ご自身でカーテンを天井付けする自信がないという方は、豊富なリフォーム経験を持つ当社までお気軽にご相談ください。

福岡リフォーム@REALLの
対応エリア

福岡市・南区を中心に、福岡県内対応可能!
水回りのリフォームなどお住いのリフォームはお任せ!
見積もり・現地調査無料でご訪問いたします。

重点対応エリア
福岡市南区・福岡市博多区・春日市を重点的に対応中です。

お見積もり・お問い合わせはお気軽にご相談ください。